食育のスペシャリストを目指すために資格を取得しよう!

HOME » 口コミで見る食育資格の活用法 » 仕事で活かしている人たち

仕事で活かしている人たち

介護現場や保育園に勤めている人からの口コミなど、食育の資格を仕事に活用している例を紹介します。

保育園に勤めている人など、食育の資格を仕事に活用している好例

2005年の「食育基本法」制定を機に、さまざまな業界から食育に関する関心が集まっています。

以下に食育の資格を取得し、日々の仕事に活かしている方たちの声を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

保育士として必要な資格

『保育士として必要な資格と思い、取得しました。子どもの食生活について、自信を持って指導できるようになりましたし、先日は地域の公民館から、講演の依頼もいただいて、ビックリ!これも資格の威力かな?なんて思います』

ベテラン料理研究家も取得

『10年以上料理教室を主宰しています。食育の資格取得のために勉強し、改めてその大切さを実感しました。

今後は子供はもちろん、大人やご高齢の方にまでアピールする食育の講座を開くために、勉強を続けていこうと思います』

医療や福祉現場で必ず役立つ

『介護関係の仕事をしていますが、食育の資格は仕事に活かせると思い、取得を目指しました。

目標を達成できた今は、施設の利用者に、体調改善や健康維持のアドバイスをするのに役立てています。医療や福祉の現場では、食育の資格が必ず役立つと思いますよ』

すぐ仕事に活かせる内容が多い

『保育士の仕事をしているので、食に関する知識をきちんと持っていたいと考え、資格取得を目指しました。

学んだ内容には、離乳食の取り扱いなど、すぐ仕事に活かせる内容も多く、とても勉強になりました』

農業を正しく理解してもらうために

『農業に従事しているので、今後農業について正しく理解してもらうためには、食育の資格が必要だと感じました。取得講座は通信だったので、時間に縛られないのが良かったです。

今後は勉強を通じて得た知識を活かし、取引先や消費者の方々に健康的な食生活の大切さを伝えていきたいです』