食育のスペシャリストを目指すために資格を取得しよう!

HOME » いま大注目!食育関連のおすすめ資格リスト » 食育アドバイザー

食育アドバイザー

おすすめの資格・食育アドバイザーについて、取得者からの口コミ評判や取得方法、受験概要などを紹介しています。

食育アドバイザーの資格取得や活かし方を解説

介護や保育と組み合わせた知識が得られる

食育アドバイザーの資格を取得する際に学ぶことは、介護や保育といった分野でも役立ってくれます。

健康的な体を作る上で食事は非常に重要な役割を持っていますよね。

特に体が弱りがちな高齢者や体を作っている段階である小さな子どもの場合、食事が持っている意味も大きなものになります。高齢者になると食事が面倒になったり食べられるものが減ってしまい、食事にストレスを感じる方もいますが、そういった方に対しても食事の大切さを教えることができるでしょう。

好き嫌いが多い子どもに対しては、食事を取ることによって体にどのような影響があるのか、なぜ食べなければならないのかなどの知識を伝えることができます。

食は身体作りの基本ではありますが、欠食や孤食といった問題が増えており、これを解決するのにも、食育アドバイザーの知識を役立てることが可能です。

食育に関するアドバイスができる

資格の名前の通り、この資格を取得すると食育に関するアドバイスができるのが大きな魅力です。

国家資格ではありませんが、食育に関する知識を必要としているさまざまな企業で需要がある資格です。

食育アドバイザーの資格があると飲食業界に就職・転職する際に有利に働く可能性もあります。

例えば、飲食店でその店オリジナルのメニューを考える際に、食に関する深い知識を持った食育アドバイザーの力を借りているというところも。

ただ単においしいメニューを開発するだけでなく、身体に良いメニューを考える際にも食育アドバイザーとしての知識が役立ちます。

他にも、食材などを販売するお店では、その食材がどのように身体に良いのか、どのようにして取り入れると効果的なのかなどもアドバイスできるので、検討できる就職先が非常に幅広いのも魅力だと言えるでしょう。

食や食材と関わる多くの職種で需要があります。

家庭の中でも役立つ知識になる

家庭の中で家族が食べる料理を作ろうと思った際にも、食育アドバイザーの知識が役立ちます。

健康に良い料理を選択することができるようになるので、健康な身体を維持するのにも効果的です。

特に生活習慣病の多くは食事が原因で発症すると言われていますが、こういったものを予防するのにも食育アドバイザーの資格取得時に得られるさまざまな知識を活用することができます。

家庭によっては赤ちゃんから小さい子ども、中高生に働き盛りのお父さん、おじいちゃんやおばあちゃんといったさまざまな年代の家族が同居していることもあるでしょう。

食育アドバイザーの資格を取得するための勉強の中ではライフステージに合わせた食事に関する知識も身に付けていくことができます。

また、子どもの中にはアトピーやアレルギーに悩まされている子どももいますが、食事で状態改善が期待できる場合も。健康な身体作りに効果的な食事を選択していくことができるので、家族の健康を育て、守っていくためにも求められる知識を取得できます。

注目の資格・食育アドバイザーを取得した人からの口コミ

栄養士などの資格は、主婦にとってハードルが高いと思っていたところ、この資格にめぐりあいました。キャリカレの講座はDVD教材もあったので、楽しく学べました。取得後は主婦仲間にも一目置かれ、アドバイスを求められるように。将来は食育料理教室を開きたいという夢ができました。

保育士として必要な資格と思い、取得しました。子どもの食生活について、自信を持って指導できるようになりましたし、先日は地域の公民館から、講演の依頼もいただいて、ビックリ!これも資格の威力かな?なんて思います。

幼い子供のためになる資格を取りたいと考え、思い切って食育アドバイザーの講座を受講しました。勉強を進めていくうち、食生活の大切さや栄養、食材について気にかけるようになり、主人と食卓を囲むとき、食に関する話題で盛り上がれるようになりました。

保育の仕事をしていますが、仕事のプラスになる教養を身につけたいと思いこの資格を取得しました。その結果、食育の極意を体得することができました。特に添加物についての知識を得られたことが大きかったです。今は何を口に入れ、入れるべきでないかが、はっきり分かります。

就職に有利な資格を探していたところ、食育アドバイザーがあるのを知りました。そして資格を取ってから面接を受けたところ、見事に合格でした。この資格のいいところは、栄養士よりも早く取得できて、なおかつ実際的で役に立つ知識が得られることです。

食については正直興味なかったのですが、友人に誘われて資格取得講座を受けました。その後、資格を取得しましたが、講座を受けて本当に良かったと思ってます。食育と栄養学の認識が深まり、それまでいかに自分がアバウトな食生活を送ってきたかを思い知らされました。今は軌道修正することができ、家族や知人にも食の大切さを伝えています。

その特徴

食育資格取得イメージ食育アドバイザーは、食育の基礎知識はもちろん、食品の安全性、栄養学、消化・吸収の仕組みなどの専門的知識を備えた人物であることを証明する資格です。

社会的にも求められている能力であるため、地域社会や学校などでの食育に関する活動を行うことができます。

主催団体の日本能力開発推進協会は、キャリアカレッジジャパンに認定講座を一任していますが、通信講座なので自宅で受講可能です。

個別の添削指導もあり、約4ヶ月程度で学べる内容ですが、最長700日という長い受講期間を設定。仕事や育児に忙しい社会人、主婦の方でも、マイペースで食の知識を身につけていくことができます。

調理イメージ講座修了後の受験も自宅で行えますので、比較的取得しやすい資格と言えますよ!

取得後はキャリアカレッジジャパンが資格やスキルの活かし方などをしっかりサポートしてくれるので、飲食や食品業界、福祉や保育業界での仕事に活用できるほか、料理教室や食育セミナーの講師として、ワンランク上の指導も可能になります。

毎年5,000人以上が受講している人気講座なので、気になる方はぜひ講座情報をチェックしてみてくださいね。

DATA

食育アドバイザー

  • 主催団体…一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)
  • 受験資格…協会指定の認定教育機関等が行う教育訓練における全カリキュラムの修了
  • 受験費用(税込)…3,600円
  • 合格率…非公開(得点率70%以上が合格基準)
  • 取得のための認定講座…キャリアカレッジジャパン「食育アドバイザー取得講座」(通信)
  • 受講期間…4ヶ月(最長700日まで延長可能)
  • 受講費用(税込)…3万8,880円(Web限定キャンペーン価格)、4万9,680円(通常価格)

費用などの詳しい
情報はコチラ!

食育アドバイザーがおすすめの理由をチェック!⇒