食育のスペシャリストを目指すために資格を取得しよう!

HOME » 食育の資格を取る前に » 食育が注目されているワケとは?

食育が注目されているワケとは?

食育とは?子どもから大人までの食生活改善に役立つ内容を調査しているページです。

子どもだけじゃなくすべての世代が身につけておくべき食育とは

近年、教育現場やニュース、そして企業の社員食堂などでも見られるようになってきた「食育」という言葉。2005年には国による食育基本法も制定されています。

女性イメージ食育とは何か。簡単に述べると、人々が食に関する知識を深め、食を選択する力を習得すること。健全な食生活を実践するため、教育や体育と同レベルで食を学ぶことが重視されはじめたのです。

その背景には、現代日本の社会が抱える、さまざまな食の問題があります。

★食の安全性…効率を重視する食品の工業的な生産法が一般的になり、添加物や農薬などへの不安がかつてない高まりを見せている。また狂牛病やO157など、国内外の畜産現場から発生する深刻な疾病・病原菌は大きな社会問題となっている。

★外食に頼りすぎる食生活…レストランやデパート、ファストフード、そしてコンビニなどが展開する外食産業に、依存する人々が増加。深刻な栄養バランスの偏りが懸念されている。

★肥満の増加…子どもの約10人に1人が肥満傾向。また成人男性の4割、女性の半数がメタボリック・シンドロームの症状を呈しており、食生活の改善を迫られている。

活性化する食育の啓蒙活動

近年は食育に関するさまざまなイベントが活性化されています。

  • 自治体主催…地産地消の精神をもとに、地元食材の健全な発展をサポート。生産者と消費者の交流を促す。
  • 企業主催…食品メーカーや食品加工企業が、工場体験などを通して自社製品を紹介。

そのほかにも、調理師学校や料理教室を主宰する個人が、講演会などのかたちで食育の推進活動を行っています。

いかがでしょうか?食育についてきちんと学ぶことは、自身や家族の食生活を見直す、大切なきっかけになります。

また、食や教育の現場で仕事をしている人にとって、食育は習得が求められる新たな知識のひとつであり、スキルやキャリアアップにも役立つ大切な教養なのです。