食育のスペシャリストを目指すために資格を取得しよう!

HOME » 総力特集!食育アドバイザーの資格 » 資格を取った人たちの声

資格を取った人たちの声

食育アドバイザーの資格を、家庭や仕事で活かして活躍している人たちの口コミを、いくつかピックアップして紹介しています。

資格を仕事や家庭で活かしている食育アドバイザーたちの口コミ

注目の民間資格・食育アドバイザー。食育に関する幅広い知識を身につけることができます。

すでに取得した先輩は、仕事や生活の中でどのように資格を活かしているのでしょうか?以下に紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね!

飲食業の20代女性の場合

張り切る女性イメージ「私は現在飲食店に勤務しており、いずれは自分の店を持ちたいと考えています。そのために、食に関する知識をもっと身につけたくて、食育アドバイザー資格に注目しました。

通信で勉強するにあたり、果たしてきちんと続くのか、自分でも不安でしたが、教材が興味深くて、熱心に勉強に取り組めました。

資格取得後は、仕事場での調理中正しく食材を見分けることができるようになったし、お客様から旬の食材について質問があった時に、きちんと詳しく説明できるようになりました。

私のように飲食業界で働いている方には、自信をもっておすすめしたい資格です!」

保育士の30代女性の場合

「毎日子どもと関わっていると、偏食の子や小児肥満予備軍の子など、食生活に問題を抱えている子どもを多く目にします。

保護者の方からも相談を受けるのですが、きちんと回答できない自分が歯がゆく、食育アドバイザーの資格取得を決意しました。

いざ勉強を始めてみると『この資格は、すぐ仕事に活きる』と確信しました。だから熱心に学べたし、試験に合格できたときはうれしかったです。

現在は子どもの食生活について、自信を持って指導できるようになりましたし、親御さんからも頼っていただけるようになりました。先日は地域の公民館から、講演の依頼もいただいて、ビックリ。これも資格の威力かな?なんて思います。

自分自身の食生活を大幅に見直すきっかけにもなったので、以前より体調が良くなり、いいことづくしです!」

30代主婦の場合

「食の安全性に関するニュースが連日報道されているのを見て、自分の子どもたちにはできるだけ安全でおいしく、バランスのとれた食事をして欲しいと願うようになりました。そのために何ができるかを考え、この資格を取得しました。

以前は子どもの好き嫌いをきちんと矯正できなかったのですが、資格取得後の今は、自分が正しいと思うことを、時間をかけて子どもに説明できるようになりました。これが食を通じた教育なんだな、と日々実感しています」

いかがですか?先輩たちが、食育アドバイザーの資格取得後に、充実した毎日を送っている様子が伝わってきますね。

あなたもぜひ食育アドバイザー資格の取得を目指してみてください!

食育アドバイザーがおすすめの理由をチェック!⇒